ブログトップ

寺子屋歳時記

natsuki908.exblog.jp

日々の生活、主にバイクライフについて綴ります。

カテゴリ:TRH200V HIACE( 8 )

えーーーー。
4/5(日)にショックのOHでお世話になっている
オーリンズプロショップ G-sense さん主催(共催?)の
スキルアップ ライディングスクール に参加する事になりました。

あおとらさんと一緒に参加します。
そこで、あおとらさんと一緒に道中行かれる様に、我がハイエース(2000cc、標準幅、S-GL)への2台積みを試みる事にしました。
WEBでぐぐると、幾つか参考になる情報がありましたが、意外にも少なく・・・
ともかく、乗るという事だけは確かなの様だな くらいで、リハーサルをやる事にしました。

事前準備は以下の通り。
(1)アストロプロダクツのフロントタイヤクランプを1台購入。元々使っているスポーツチョックと合わせて2台配置
(2)後列シートの背面にフロントタイヤクランプやスポーツチョックが直接当たると、シートが割れるので、
  ホームセンターで売っているイレクター(1500mm×2、500mm×2 接合金具など少々)を購入。
  ※500mmは売っていないので、600mmをカットしてもらいます。合計3000円未満。
(3)ハイエースの後列シートを一番前までスライドさせます。(UIビークルさんのロングレール入れてます)
(4)イレクターを組み立てて、後席背部に設置します。
(5)イレクターにフロントタイヤクランプやらスポーツチョックをあてがいます。
e0081989_1726865.jpg


e0081989_17263893.jpg


ここまでやって、まずは積んでみました。
すると、一応積めましたが・・・
要改善点が出ます。
(1)後列シートのスライドレールと荷室床面との段差により、フロントタイヤクランプ等が不安定です。
  バイクを入れ込む時に、フロントタイヤクランプ等が逃げてしまい、入れ難いです。
(2)イレクターに相当の荷重がかかり、イレクターがしなります。
  つまり、イレクターが後列シートに接している部分にスゲー荷重がかかり、割れてしまう鴨。。
  (最初の写真の丸印の辺り)

そこで、あおとらさんが木片で工作してくれました!!
フロントタイヤクランプとスポーツチョック前部と後席シートのベース部金具との間に当て木を製作!
これにより、今までイレクターだけにかかっていた前方向の荷重が、シートベース部金具にも分散されます
イレクターのしなりも軽減されました!
(木片(当て木)のサイズは実測で、作ってね!)

更に、床面にも30mm程度の厚さの木板を敷き、シートレールとの段差解消を図りました。
これでフロントタイヤクランプとスポーツチョックも安定しましたヨ(たぶん)
e0081989_17265937.jpg

e0081989_17271350.jpg

e0081989_17273183.jpg


んで、積んだ写真がこちら。
e0081989_12545313.jpg

e0081989_125541.jpg


それから、意外にWEBで情報の少なかったタイダウンベルトをどこにかけるかですが、
それぞれのバイクの内側(荷室中央より)は、後列シートの下のど真ん中にちょうど良さげな
金具があったので、そこにバンドを通し、そのバンドにタイダウンベルトをかけました。
e0081989_17275978.jpg

それぞれのバイクの外側は、ハイエース純正タイダウンフック(荷室前側)を使用。
ハンドルからほぼ真下にテンションをかけている状態。
2台共に、デイトナのハンドルサブベルトを使用して、タイダウンしました。
それから、車両後方にも、それぞれ1本ずつ、ハイエース純正タイダウンフック(荷室後方)を使用。
やや、前方のタイダウン位置が左右で異なる点が気になりますが、街乗り程度では大丈夫でした。

ちなみに、ハイエースの車体の沈み込みはこんな感じ。
e0081989_12553337.jpg

e0081989_12554337.jpg
比較画像がないので、参考になりませんネ。。。
ブロックでリアが2.5インチ下げ、トーションバーでフロントが3インチ下げですが
2台積んでも、特段変わりありません。
ま~、1000kg積載可能だからか??


高速走行でも、特に急ハンドル、急ブレーキ等がなければ問題ないと思います。
急ハンドル、急ブレーキ時には・・・・
あとは、詰め物やクッション類を駆使してLet's ら Go!! です。

って、週末雨っぽいとか、言わないで。。。


走行後の報告(追記)

まず、一日中雨でしたーーーー。。

ざーーーーーーーんねーーーーーーーん!!!

本題に入ります。
2台積みでの高速走行(外環大泉~常磐道土浦北)、街乗りの感想ですが。

特段問題ありませんでした。

大型バイク2台の他に、
簡易設営式タープ(3m×3m)
テーブル×1台、折りたたみ椅子×7脚
ツールBOX(4段式)
レーシングスタンド×1台
革ツナギ×3着
レーシングブーツ×2組
ヘルメメット×3個
レーシンググローブ×2組
その他 着替えなどを積みこみました。

高速走行等の大きめの段差などでフロントタイヤがフェンダーの内側にスル様な音は聞こえた事が2度ほどありましたが、それ以外はタイヤをスル事さえありませんでした。

ま~、日常的に積載して運転しているので、慣れもあるかもしれませんが
バイクが激しく揺れたり、ズレたり、姿勢を崩すような事もありませんでした。

なんら不安なく、往復走行する事が出来ました。
使用した部品類にも、特段の破損等もありませんでした。
自分は、暫く、この体制で2台積みをしてみようと思います。
[PR]
by natsuki1135 | 2015-03-30 12:49 | TRH200V HIACE | Comments(0)
車検直前に、左側のフォグがまたまた切れちゃいまして・・・
てか、点かなくなっちゃったので・・・

先日、ポチっとしておいたオールインワンタイプのHIDフォグを装着する事にしました。
トヨタ ハイエース 200系 フォグランプ HB4 オールインワンHID オールインワン HID HIKARI独占販売 第7代一体型HIDキット HB4 HIDキット 3000K 4300K 6000k 8000K 12000K 3年保証◆【RCP】
e0081989_2040167.jpg
結論から言うと、このオールインワンHID、ハイエース用かの様に販売していますが、ハイエースには着きません。
詳細は下記へ
e0081989_20401445.jpg
フォグの交換には、バンパーを外さないといけない(配線なんかもあるし、僕のはフォグランプカバーも点いていてフロント側からフォグ取り外せないし・・・
どーしよーかなーとか悩んだんですが・・・
持ち込みでやって頂くのも申し訳ないし・・・
自分でやれるようになるとイイな~とかも思うし・・・

思い切って、やってみる事にしました。(汗汗)
WEBで、いろいろな方がUPして下さっている、バンパーの外し方やらを参考にさせて頂き・・・
まずは、僕の場合、バックナインのリップスポイラーが着いているので、それを外さなければなりません。
ここは、なかなかどこにもUPされていません・・・(滝汗)
なので、今まで手を付けなかったのですが・・・
まずは見えるボルト類を外してみる事にしました。
外すボルトは全部で、8本。
(1)フロントタイヤハウスの所に片側2本(左右で4本)、
(2)フロントナンバープレートのボルトを2本、
(3)ナンバープレートを外すと現れるボルトを2本外します。
すると、特段両面テープなどで固定もされておらず(それで助かるんですが)
ポロっとリップは外れました。

んで、ここからはWEBで情報のある、バンパー外し作業です。
(1)運転席ステップ上面のクリップを2個外す
(2)ステップ下部にあるクリップ3個外す
(3)これで、ステップカバーが外せるので、外します
(4)ステップカバーを外すと、バンパーを止めているクリップが1つ現れるので、それを外す
ここまでを助手席側も同じようにします。
(5)フロントグリルを外すと、バンパーを止めているクリップが中央に1つあるので、それを外す
(6)フロントバンパー中央下部(車体前方の下)にクリップが3つあるので、それを外す
  つまりクリップは左右合計で、16個になります。
  クリップ外しがあると、作業が超速いです! 小型のマイナスドライバーもあるとイイ鴨。
(6)バンパーのエアダクトに固定ボルトが3個あるので、それを外す(10mmのボックス)
 これで、バンパーを車体に留めているボルトやクリップは全て外れました(ヨネ??)
 ここからは、手作業でバンパーを車体から剥ぎ取ります!

 剥ぎ取りチャンス!! Gだとイイな・・・(爆)

(7)バンパーを外す時のコツは、サイド部の下側辺りから手を掛け、サイドの端を縦に剥がしていくと
  プツ、プツッってな感じで、ボタンを外すような感触でバンパーが縦にはがれていきます。
  この作業を左右やったら、最後にフロント中央に回り、フォグランプの配線カプラーを外してから
  バンパーを手前に引きはがしました!
(8)バンパーはデカイし、傷つけたくないので、外す前に置き場所を用意しておきましょう!
e0081989_20145644.jpg
いや~、初の討伐成功!(爆)
奥がリップ(裏側スリキズだらけ~泣)、手前がバンパー。
顔を剥がされたハイエース!
e0081989_20171387.jpg
これが、自宅でできるとは思っていませんでした!
意外にできましたネ!
ニンジャのリアショックを摘出するより簡単です(例えがワルイ!?)

でも、工具があったからカナ~
工具が無かったら、チャレンジしないかも。。
とはいえ、使った工具は、少ないんです。
◆クリップ外しのヘラ
◆マイナスドライバー(小)・・・(硬いクリップ等に使うだけなので←100均のでOK)
◆ニッパ・・・タイラップ(結束バンド)脱着時に使用
◆10mmのボックスレンチ(ソケットレンチ)
  グリル外す際のボルト2本とバンパー下部のエアダクトにあるボルト3本、ナンバーの脱着に使用
◆プラスドライバー・・・リップ外しに使用(ネジ6本アリ)
◆ヘキサゴンレンチ・・・mm数忘れた・・・1種類だけ・・・ナンバーホルダー脱着時に使用
以上だったと思う。。。

いろいろなWEBの情報のお蔭様で、無事にバンパー脱着は自分でできることが解りました。
今後も、何かと外すことになると思います。

ってか、実はこの日も、この作業2回やりました。
というのも、、、
オールインワンのHIDが・・・
ハイエース用を買ったのに・・・

着きません(爆死)

フォグランプステーにカバーが着いていて、それとHIDの台座が干渉して収まりません。。。
こんな感じ
e0081989_20291119.jpg
赤い矢印がオールインワンHIDです(笑)
なんか、キノコの頭みたい。。
じゃなくて、着かないんです!

フォグ側のカバーを黄色い線の感じで削ろうかなとか試行錯誤しますが・・・
e0081989_20314515.jpg
よく見ると、カバー部を削っても、中身のボルトらしきものが干渉しそうでして・・・
しばし、悩んだ末、諦めて、車検に出したついでに購入して装着してもらおうと思い、
両側のHIDを全部撤去して、元通りにバンパー、リップスポイラー、グリルと装着しました。

んで、チカレターとか言って、家で一休みしながら、またまた考えます。。
やはり、自分で希望しないHIDフォグを間に合わせで、あせって購入するのは嫌だな~~~とか
でも、もう間に合わないもんな~~~とか(この日が車検の予約日だったので)
あ~~~~~あ~とか
思っていたら、

ピカーーーーーーン!!!

そうだ、純正のバルブをつけて車検通せばイイんだとか思いついちゃいまして・・・
でも、そーすると、も1回今の作業を!!??
しばし考え、覚悟を決めて、やっつけました!

バンパー外し、2nd Round!!  討伐成功2頭!!

んで、純正フォグに戻して、車検へ向かいました。

HIDフォグ、物色しよーーーー!!

おまけで、フォグの裏側の画像をとっておきました。
バンパーを外さずに外す時の参考になるかな~~~。
ツメが4つかな~、コジリながら抜けば、とれるんですよね??
e0081989_20392795.jpg

e0081989_20393798.jpg


この日はホントはレースの応援に行きたかったのですが・・・
こちらの予約があったので、行かれませんでした。。トホホ
でも、チームは優勝したみたいなので、メッチャ嬉しい!!
やたーーー!!!
この日の疲れもぶっ飛びーー!!
[PR]
by natsuki1135 | 2014-05-27 13:35 | TRH200V HIACE | Comments(2)
えーーー、今回でポジション球、3つ目です。。
やはり、安物はそれなりの様でして・・・
前回の記事であげた、SMD66発のLEDポジション球ですが、
平成26年5月上旬(装着から約1年後)に左目が焼けちゃいました(爆死)
気がつぃたら、左目のライトユニットのリフレクターに縦に煙の筋が見えまして・・・
e0081989_13364373.jpg
判りますかね・・・
ポジション球から上に煙の様にたちのぼっている跡が・・・
e0081989_13374057.jpg
アップの方が判りにくいカナ・・・
何かな~~~~って思って、筋の根本にあるポジション球を見ると・・・
LEDのいくつかが焼けている様で、既に発光していない状態でした。
それでも、さすがに66発もあるので(?)全体的には、発光しており・・・
正常な右目と比べて、色味が青くなってましたが、一応光ってました。

ですが、数日後には発光したり、しなくなったり、ラジバンダリ・・・(覚えてます?)
今月車検なので、慌てて、WEBで交換用のLEDを物色。。
結果、今回は熱に強い物をとの意向で、アルミヒートシンクタイプの物で、
やや品質に拘っている様子の品物をチョイス!(ま~本当かどうかは分かりませんが…)
品物は、40W LEDバルブ T10/T15/T16 CREE社XBDチップ 6500K/8000K LEDライト  ってヤツ。
ショップサイトはこちらなど。。。
e0081989_13433270.jpg
まだ、信頼性は判りません。。

何が困ったって、ポジション球は交換すればイイのですが、、
ライトユニットのリフレクター部分に汚れ(たぶん、煙の跡?)が着いちゃって、
これが、うまくキレイに除去できません。。
ヘッドライトバルブから手を入れるなどしてうまく圧力を加えられれば汚れ自体は落ちますが
いかんせん、手を入れる穴が小さくて、僕にはうまく磨けませんでした。
幸か不幸か、僕はDEPOのクリスタルライトユニットを2個目装着中なので、
前の物の左目は無傷で残っていましたから、それと交換する事にしましたが、
これが無ければ、ライトユニットごと買い替えの必要だって出てきます。
安物買いの銭失いってヤツになる所でした・・・(汗 汗)

5/17(土)に朝の8時ころから作業して、10時ころまでかかっちゃいました(爆)
これでポジション落ち着くとイイナ~~~~。
以下は、記録と参考までに画像を貼っておきます。
e0081989_13394569.jpg
焼けたポジション球
なかなか香ばしそうです!

e0081989_13401057.jpg
正常な状態、リフレクターに曇りもなく、LEDもキレイです。

e0081989_1341826.jpg
交換後です。指が入っちゃいました(切腹)

e0081989_13413811.jpg
指入りその2
ヘッドライトとの色味が違うのが、不満。。
今回は、6500Kって書いてあったので、期待していたのですが・・・
HIDとLEDの違いからか??? 
違いますね。
いいとこ5000K位??
[PR]
by natsuki1135 | 2014-05-20 13:26 | TRH200V HIACE | Comments(4)
以前ヤフオクで購入して、自分で交換したLEDポジションバルブが
幸か不幸か車検終了時の帰り道でお亡くなりなられたので
やむなく、WEBで探したところ、以前の物を上回るこんな物をハケーン!!
LEDバルブ SMD 66連 T10
e0081989_13111178.jpg
楽天経由で発見したのですがユアーズというショップで販売している様子。
ポチっとして、送料、代引き手数料込みで¥4000-程。。
3日程で届きました。

んで、早速装着。。
ハイエースはポジションQを変えるだけでも、グリルを外し、ヘッドライトユニットを取り外さねばなりません。
正直、苦手な作業ですが、一応自分でできる範囲なので、やっつけます!
作業工程の詳細は、他のブログなどでたくさん情報がありますので、そちらを参考になさって下さいマセ。
グリル外して、バンパーに養生テープを貼りました。
e0081989_13151642.jpg

養生テープは貼っておかないと、バンパーの塗装を剥がしちゃいます。
そして、バンパー部は塗装ののりが悪いので、粘着力の強いテープを使うと、テープに塗装が着いてきちゃって、傷をつけなくても、テープで塗装を剥がすことになってしまう可能性もあるので、粘着性の弱い養生テープがお勧めなんですって!
e0081989_13155514.jpg

実は、今回これを貼っておいて、大変助かりました。
でも、自分のせいで、少し塗装に割れが…(涙~)
目立たない所なので、ということで、気にしないことにします。。。
e0081989_13184289.jpg
ユニットを取り出しました(イキナリ!)
取り出したあと(向こう側)は、こんな感じ↓
e0081989_13193023.jpg


LEDポジションQの長さ比較です。
左がこれまでの物。右が新しい物。
e0081989_132016100.jpg
見事なトウモロコシっぷりが喜び~です。
左=33mm 右=43mm  です。
これまでよりも1センチ前に(つまりヘッドライトの内側に)近くなる訳ですね・・・
レンズに影響でないかやや心配です。。

なので、組み込んだ時のクリアランスをパシャパシャ撮っておきました。参考になれば幸いです。
e0081989_1322351.jpg

e0081989_13233241.jpg

e0081989_13235245.jpg

e0081989_1324262.jpg

e0081989_1324115.jpg

大丈夫そうですね~~~~!?

一応一安心ですが、
第2の心配ごとが・・・
HIDヘッド&フォグとの色味の相性です。。
こちらは、残念な感じとなりました。。

6500KのHIDの方が青みが強く、今回購入したLEDポジションQの方が白いです。。
ケルピン的には5000前後程度なのかな・・・
結構違います。
なので、今後再交換を検討します。。
とりあえず、しばらく使用しよう。。
e0081989_13272652.jpg

e0081989_13273542.jpg


この日の夜も確認しましたが、ま~明るいですけど、騒ぐほどではないですネ。
あくまでもポジションQです。
レビューにある様な、ヘッドライト不要とまでは感じません。
でも、それなりに気に入っています。

このLEDポジション球には後日談がありまして~、
UPしておきましたので、ご確認頂けると幸いです。
後日談記事=「ハイエース LED ポジション球 Ver3」
[PR]
by natsuki1135 | 2013-05-27 13:31 | TRH200V HIACE | Comments(6)
現在の仕様で納車されてから1年以上が経過しました。
最初の故障がフォグランプとなりました。
2週間ほど前に、突然点かなくなりました。

んで、ようやく今週末時間が出来たので、お世話になっているtwo hotさんへ
行ってきましたー!
さっそく見て下さり、接触不良とそれに関連したヒューズ切れとの診断で、
ヒューズ交換と接触不良部の補修と防水対策を講じて下さいました。
幸い、HIDフォグ自体は壊れていなかったようで、補修のみで復活しました!
既にメーカー保証期間などは過ぎていたのですが、無料で上記作業をやって頂けました!
60分もかからずに無事復活し、気持ち良い対応をして頂きました。
メカ音痴な自分としては、こういう時に、
お世話になっているショップのありがたさを切実に感じます!!

two hot ばんざい!!

んでもって、この日、またまた、たまたまお会いした有名ハイエースライダーの「きよマン」さん
から、明日「相模原公園で撮影あるから、来なよ!!」とのお声を頂き、超近所という事もあって喜び勇んで行ってきましたー!!
実は、エボ200のメンバーと初めてお会いしたのも、この相模原公園でした。
雑誌で知っていた、クラブの方々が相模原に集まるとのことで、丁度他用もあって相模原公園に居たので
見に行ったのが、もう1年以上まえのこと・・・。
今回は、自分もハイエースで参加!
でも、画像の通り、いちばんフツーのハイエースとなりました・・・
エボメンは、相当のヘビーカスタマー揃いではあるのですが、
やはり、比べてしまうと見劣りしますね~~~~。
e0081989_1154125.jpg
手前自車(3インチダウン)、2台目(たぶん4インチダウン)タイヤの扁平率も違うので、かなりの差が出ますね・・・。
ま~でも、自分はバイクがメインなので、ある程度のところでガマンせねば・・・。
既に、マイチェン後の顔をコンバートしたスパロンや、マイチェン後の車両にあえて、前型の顔を移植したナローボディなど、一見判らないのですが、相当やってます。。。しかもほとんどDIYのご様子・・・
脱帽過ぎます・・・
e0081989_11553059.jpg

[PR]
by natsuki1135 | 2011-08-29 13:30 | TRH200V HIACE | Comments(0)
今回のプチ変更点は2つ
(1)トヨタマークをマットブラックに自家塗装(katsumiさんのHPを参考にさせて頂きました)
(2)ポジション球をLEDに換えました。

(1)はミッチャクロンマルチを塗布後、マットブラックを塗布して終了~!!
塗装はお陰様ですごく簡単!! マットブラックは3回しか吹かなかったけど、もっと回数吹いた方が良いかも…特に角度なども変えてあちこちから吹いた方が良さそう…。
(2)のポジション球はヤフオク「新54連白##T10/194ウエッジLEDバルブポジション球ナンバー灯」って言う品物で、落札価格¥1100-/個、送料含めて3000円もしなかった。交換作業は自分でしました。
HID(6500K)と若干色味が異なり、ポジションの方が白いのがやや惜しまれますが、ま~OKという事で…。
ちゃんとした物買って、交換してもらったら1万円以上したと思うので…。
作業は、ハイエース本などを参考に、ガゴ!!って ヘッドランプユニットを外して…(汗)


作業して判ったこと。
エセックスのフロントグリル、超外し易い!!!
作業性抜群!!


それから3inch DOWNのインプレ残しておきます。
正確にはR=2.5inch F=約3inch ダウンで
タイヤが225/45/19 ホイールが19inch です(詳細はハイエース系記事の2枚目参照)
この状態で、街乗りはほとんど問題ありません。
ホームセンターの立体駐車場でも腹やアゴやケツを擦る事はありません(一応速度落としますが)。
コンビニやガススタの入り口で擦る事も今のところありません。
ま~見るからに段差が高いところには敢えて入りませんからね~。
特にそれで入れるコンビニやガススタが無くて困るなんて事はありません。
多少「あそこはダメ」っていう店が増える程度。
そんでもって、ダメなシチュエーションは、
スピードが出ている時に急減速しつつハンドルを切るとFタイヤがFフェンダー内側に当たります。
それから高速走行中にギャップで跳ねると、やはりFタイヤがFフェンダー内側に接触します。
逆に言えば、今のところ車高ダウンによる弊害はそれだけ。
ネオチューンのお陰で乗り心地は、嫁も子供も不満無し。
むしろキビキビ走る様になって嫁は好印象の様子。
以外にストレスフリーな3inchDOWNです!!


あとは画像で~す!!
e0081989_2301013.jpg

e0081989_2324722.jpg

e0081989_2305570.jpg

e0081989_2311017.jpg

e0081989_2312472.jpg

e0081989_231393.jpg

[PR]
by natsuki1135 | 2010-10-19 22:51 | TRH200V HIACE | Comments(2)
200系ハイエースはカスタムパーツが物凄くたくさん出ています。
やろうとすればキリがありません。
自分はニンジャがメインですので、それほどハイエースには手が入れられません。
ですが、せっかく新型車への乗換えという事で、生まれて初めて4輪を好みの仕様にする事が出来る機会だったのである程度やっておきたい部分だけ、手を入れさせて頂きました。
たぶんこれ以上は何もしない(出来ない)と思います。

自分自身の記録の為に、そしてメカ音痴で自分ではほとんど触れないけど、ちょっと変えたいみたいな人の参考になれば幸いとの主旨で自分の変更点などを記録しておきます。

1、内装
(1)2ndシートロングスライドレールキット                    UIビークル
(2)リアカーゴシート (ブラックアッシュ縦目)   ¥6300-        ヤフオク 
(3)ルームミラーモニター(10.5インチ)                     液晶王国
(4)AV ヘッドユニット CN-HW880D                      Panasonic

2、足回り
(1)19インチホイール EJ-19(INSET-32) マットブラックポリッシュ    エセックス
(2)タイヤ 225/45/19 イーグルRV-S                    グッドイヤー
(3)ローダウン リア ダウンブロック 2.5インチ                エムテクノ
(4)ローダウン フロント 強化トーションバー 3インチ程度に調整     エムテクノ
(5)ストロークストッパー(F/Rバンブ、Fリバンプ)                ゲンブ
(6)ディメンション適正化 アジャスタブルスタビリンク(ショート)       ゲンブ
(7)ディメンション適正化 RCジョイント                      ゲンブ
(8)ディメンション適正化 バンプアジャストタイロッドエンド           ゲンブ
(9)ショック ネオチューン(SPL)                          サンコー

3、外装
(1)フロントスポイラー、リアスポイラー(下)                   BACK9
(2)サイドライナー、リアスポイラー(上)                      エセックス
(3)フロントグリル                                   エセックス
(4)左コーナーパネル                                BACK9
(5)クリスタルヘッドライト(インナーマットブラック)               DEPO
(6)LEDバレルテール(インナーブラック)                    M-BRO
(7)サイドバイザー                                  エセックス
(8)フォグランプカバー(マットブラック塗装)                   ??
(9)HID(6500K)コンビネーションキット(ヘッド&フォグ)           デルタ

作業はネオチューン以外全て八王子にあるハイエースカスタムを数多く手がけているTwoHot さんで施工頂きました。
お陰様で、見た目は概ね自分が望んでいた状態を実現する事ができました。
何せ初めてなので、イメージしてパーツをチョイスしても実際にイメージ通りに出来上がるかどうかとても不安だったのですが、
ショップの方のアドバイスや常連のお客さん、特にハイエースオーナーズクラブ「エボリューション200」の皆様のアドバイスを頂いたお陰様で、更にはマイミクさんからのアドバイス、そして一番あーだこーだアドバイスを下さった「やべっち」のお陰様でほぼイメージ通りのハイエースを実現する事が出来ました。
皆さん、本当にありがとうございました。

先日無事に(?)ニンジャも積載し、高速を使って千葉県いすみ市という所にあるサンコーさんの所へ行き、ネオチューンショックを施工して頂きました。
ネオチューンの開発者である喜多見さん直々に施工頂き、又いろいろな裏話や2輪系のお話も伺わせて頂きました。TOF常連の松田光市選手とも親交が深いそうです。
往路と復路では鈍感な自分でもはっきりと判るほどに乗り心地が変わりました!!
納車後1ヶ月も経過していない状態でも全然ショックの仕事に差が出ています。
千葉県内のワインディングではロールが断然減り、高速では継ぎ目のギャップで受ける衝撃も減り、衝撃の収束速度も早くなっているのが判りました。
再施工の見通しについて、2年? 2万キロ?等と伺ったところ、たぶん全然平気だけど、
自分で乗り心地が悪くなってきたなと感じたら来れば良いとの事でした。

車載状況はこんな感じになります。
後ろから、レーシングスタンドを見ると、あと5cm程度は下げられるかな??
e0081989_1249912.jpg
横から、2ndシートスライドレールは一番前にずらして有ります。
e0081989_12493744.jpg
UPして
e0081989_12502898.jpg
ご覧頂けるとおり、カーゴシートは純正の絨毯の上に被せてあるだけなので、整地されていません。
重量物を載せると、部分的にシワなどが発生しますが、気にしないで行こうと思います。
スライドレール部は適当にカッターやハサミで切り込みました。
壁際等へも挟み込む分の挟みシロが設けてあるサイズになっていますが、やや大き過ぎるので
そこら辺もテキトーに自分でカットして入れ込みました。

外装はフロントグリル内の塗装が未だですが、それ以外は完成。
たぶんこれ以上は何もしないと思います。
やったとしても、メッキパーツを黒or銀に塗装する程度カナ。
出来るだけ自分で塗れる範囲で済ませたい…。
e0081989_12551980.jpg
後ろからは(ちょっと近すぎでしたね)
e0081989_12555141.jpg
こんな感じです。
ローダウンの車に乗るのは初めてだったので、正直ダウン量は相当悩みました。
(1)乗り降りのし易さ
(2)見た目
(3)乗り心地
(4)安全性
(5)走行性能
ここら辺のファクターを考慮しての落とし所を試行錯誤した結果、僕が出した結論が以上の内容です

ローダウンによるゴツゴツ感は初めてローダウン車に乗った自分としてはそれほど強く感じません。
むしろ、ノーマルがフワンフワンしていて不満でしたので…、固くなって丁度良い感じ。
といって、心配になるほどゴツゴツもしませんので、車本体や車載物への不安感もありません。
一般道や高速道路での走行は全く問題ありませんね。
大抵のコンビニやガソリンスタンド等への出入りも問題ありません。
注意を要するのは、工事中で段差がある路面や、マンホール部だけ突出している様な路面、そしてやけに段差の大きな歩道を越えての駐車場等への進入ですかね…。
大抵の駐車場の輪留めにも当たりませんね。
3インチダウンで意見を伺った時には相当乗り難くなると聞いていたのですが、今のところ案外平気です(予想外)。

乗り降りはとてもし易くなりました(身長177cm)。

見た目は、個人的には満足しています。
欲を言えばタイヤの引っ張り感がもう少しあった方が尚良かった…。
次回履き替えの際には、もう少し幅の狭いタイヤをチョイスします。
扁平率45のタイヤを選んだので、フェンダーとの隙間や安全性も丁度良かったと思います。
ハイエースで19インチの場合、通常は扁平率40になる様です。
ですがそのセットで3インチダウンだとフェンダーとタイヤの隙間がやや大きくなり、カッチョ悪くなります。
その為、ダウンフェンダーみたいなものを貼り付けるという手法もありますが、費用もかかるし、正直あまり好みじゃ無かったし、何よりも扁平率45の方がタイヤのロードインデックスが上がる様で、安全性がUP! 更にタイヤ自体のもっちり感もUPして良かったと思います。
タイヤの厚みが厚過ぎるかな~という不安もあったのですが、それほど気にならないです(ここら辺は好みですね)。

追記です。2013/4/27
デルタのHIDコンビキットですが、装着後たびたびフォグがつかなくなります。
その度、ショップに相談すると無償で作業して下さり、一時的につくようになりますが
しばらくすると又つかなくなるというのがこれまでに3回発生。
現在3回目で、放置状態です。
先日ショップに相談したら、同様のトラブルがありメーカー側に相談されているそうですが
一向に対策を講じて下さらないとのことで、今はデルタのキットは勧めていないとの事でした。
今は信頼性重視でキャズ(Catz)とかいう商品を勧めているとのこと。
値段を聞いたら、ヘッドとフォグのコンビだと工賃こみ13万円程との事。
さすがに高過ぎると感じて、遠慮しておきました。
そんなわけで、現在HIDキットをWEBで物色中!!
[PR]
by natsuki1135 | 2010-06-26 07:00 | TRH200V HIACE | Comments(4)
かねてより検討中だったトランポの変更を決行致しました。
いろいろ考えるところもあり、相当悩み・迷いましたが決断しました。

きっかけはキャラバン(E24)の立て続いての不調発生でした。
メカが出来る人にとっては、何の事は無い部品の消耗による異変なんだと思うのですが、
メカに疎い自分にとっては、乗り出す度に異常が生じる事態に心が折れてしまいました。

具体的には(たぶん…)
発電系統のファンベルトの劣化、又はオルターネーターの不具合だけかな??
この為に昨年秋頃から、
バッテリー上がり⇒バッテリー交換⇒バッテリー弱化⇒バッテリー端子の強化⇒バッテリー弱化を繰り返し、始動時には暫く回転数を上げたままキープする等の対処をしてきました。
もちろん、H5年式で、もう丸16年も走っている車両な訳ですから、走行距離が少ない(55000km)とは言え、経年劣化が進んでいるのは当たり前です。

メカ音痴のクセに車検をユーザー車検などで行っていた事も一因でしょう。
又、家族旅行やらに出かける事も予想以上に少なく、あまりスーパーロングの必要性を感じていない事も決断の一要素でした。
そんな訳で(軟弱者ではありますが)

200系ハイエースの標準ボディ、ロングバン、2000ccガソリン をチョイス(一番安いんです)
現行キャラバンの見た目は気に入らないのと、意外にもハイエースのお値段が安かった事もあって…。
とは言え、予定外の大きな出費で暫く大変ですが、止むを得ず。。
既にニンジャが車載できる事も確認済み。
少し見栄えも自分好みに換えて、乗る予定です。
今度はちゃんと業者さんにお願いして定期的にメンテしていきます。

相談に乗って下さった皆様、いろいろなご意見をありがとうございました。

んでもって、5末に無事納車されました。
外観の写真は撮っていません。
6月中旬には変身を遂げるので、それからUPします。
今回は、まず一番大事なバイクの車載についてです。

ハイエースはタイダウンフックが純正で荷室に4箇所装備されています。
が、2ndシートから後方の完全荷室用フックなので、スポーツチョックを使用してニンジャを車載するにはフックの位置が後ろ過ぎて使えません。
って言うか、その前に、ニンジャを車載するには2200~2300mm必要ですが、スポーツチョックやレーシングスタンドを併用してニンジャを車載しようとすると、ハイエースの純正2ndシートがあると不可能です。
対処策は、2ndシートを折り畳んで車載するか、社外品のスライドレールを組むしかありません。
(スポーツチョック等を使用せずにハンドルを切って固定したり、ナナメに車載すれば2ndシートがそのままでも行けるようです)
話は戻りますが、そんな訳で2ndシートを折り畳んで車載するとなると、荷室のタイダウンフックは全然使えない位置になってしまいます。
その結果、前方に(2ndシートの脚部パイプに)何かしらクランプする等の工夫が必要となります。
自分の場合は、UIビークルさんのスライドレールを組む事にしたので、2ndシートをやや前方にズラした状態で2ndシートの脚部パイプに何かしらクランプしてフックを造設する事が必要という事になりました。
そこで、WEBやらホームセンターなどを調べた結果、以下のアイテムをチョイス!!
e0081989_12235733.jpg
いろいろ一式写っちゃっていますが、品物としては以下の3種類です。
(1)クランプ状になっているパーツ ステンレス製で740円位 ユニクロ製だともっと安い。
(2)アイボルト(頭が環っか状になっているボルト)250円位かな~ サイズは3/8ってヤツ
(3)ラバーシート(両面テープ付き)300円位(画像では既に貼ってありますが、結局剥がしました、つまり不要でした)
アイボルトの拡大画像
e0081989_1235127.jpg
本当はこのパーツも削り出し感のある物があればそれが良かったんですが…このサイズは鋳物しかありませんでした…。

(1)のパーツはクランプ状の部分とボルトで連結してあるアイボルトの受け部分の2つで1個のパーツで(下の画像の状態)、ホームセンターの水道関係の売り場にありました。
正式名称は不明ですが、「鋼管用吊りバンド」なるもののご様子…。
e0081989_12445727.jpg
僕が購入した物のメーカーは不明ですが、参考までに配管支持金具製造販売の株式会社アカギさんに多数種類がありました。
クランプ部の径が複数あり、商品のサイズ表示は覚えていないのですが、ハイエースのシートの脚部パイプの円周が80mmでしたので、ホームセンターの金属パイプ売り場で80mm径のパイプを買う振りして持って、水道用具売り場へ向かい、丁度良いサイズを選んで買いました。
サイズが少し緩めだったので、又シートのパイプに傷も着けたくなかったし、騒音防止にもなるかな~と思い貼り付けるラバーシートも購入しましたが…。

さて取り付け位置はこの辺です。
e0081989_12364575.jpg
荷室から見て左側
e0081989_12371523.jpg
荷室から見て右側
この脚の部分に噛ませます。
んで、早速ラバーを貼った物で装着すると…
ラバーが厚過ぎて留められません…(チーン!)
止む無く、次策を検討し、ラバーを剥がし、脚部パイプ側にビニールテープを巻く事にしました。
んでもって装着!!
e0081989_12394332.jpg
ど~でしょうー!?
いい感じ~~~~!!!(By ロケット団)
逆側も同様に装着して完成!!!
e0081989_1211779.jpg
左側
e0081989_12422045.jpg
右側
これで安心してニンジャを積めるぞ~~~~!!
でも、このキレーな絨毯の上にバイク乗せちゃうの、ちょっともったいないね~~~。
なんか敷こうかな~~~~。
[PR]
by natsuki1135 | 2010-06-02 13:11 | TRH200V HIACE | Comments(6)