ブログトップ

寺子屋歳時記

natsuki908.exblog.jp

日々の生活、主にバイクライフについて綴ります。

<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

FISCO サタデーロードレースにエントリーされている我らが掛川さんの応援に富士スピードウェイへ行って参りました!!
先日開催された、F1日本GPの名残(仮設観客席)等がそのままでした・・・

今回のホームテントはこんな感じ。空いているピットの前を拝借。
e0081989_8594920.jpg
あいにくの雨なので、できるだけ雨をしのげる所をゲト!! 灰皿もあってヨカッタヨカッタ!?

レインタイヤ仕様のCBR1000RRです!!
e0081989_904942.jpg
ん~このカラーリングにも板に着いて(違和感が無くなって)きた感じ!?
リアのレインは迫力あるな~~~!!
e0081989_925267.jpg
雨なのにサイドまでしっかり使えちゃうんですね~~~!!!

予選開始直前、出走を待つバイク達。掛川選手&CBR
e0081989_935276.jpg

宿敵!?#39 高原選手のYZF
e0081989_96318.jpg
となりはカワサキ代表ZX-10R、オレンジがキレイ!!

天候を見ながら時間も遅延等しながら、雨の中の予選開始。
雨でも皆さん、スゴイスピードでホームストレートを激走されます・・・正直コワイですね・・・
今回は元GPライダーの難波選手(YZF-R1 YEC仕様)もスポット参戦!!
結果は、何故か17番手で予選終了・・・

そして、決勝です。前回の富士もそうでしたが、予選⇒決勝の間の時間があまりありません。
e0081989_9718100.jpg
サイティングラップ後のグリッドです。
e0081989_9125234.jpg
ん~スタートラインが遠く・・・
でも、そんなの関係ネェ!! と言わんばかりのJETスタートに期待!!

そして決勝スタート!!
物凄い水しぶきで何が何だか判りません、
1コーナー無事にクリアして下さい!! とだけ思いました。
すると、期待通りのロケットスタートが決まった様で、オープニングラップを10位で通過!!
ほぼ前の2列をゴボウ抜きっていう事で・・・
その後、一進一退を見せ、一時は12位まで退くも、
後半はペースも2分1秒台に上がり、結果は9位フニッシュ!!
魅せて頂きました!!
個人的には、何よりもご無事でヨカッタという印象。
雨天のレースはコワイです・・・

レース後は富士では恒例のナベぱ~ち~!!
いつもと同じ豚肉&白菜のみのナベですが、今回はブタが違います!!
現地で調達した結果、思いがけず朝霧高原のヨ~グル豚(トン)とか言うブランドのブタをゲト!
このブタ、予想以上にGoo!!
アクは出ないし、スープの旨味は良いし、当然食べた時の美味しさもヨカッタ!! お勧め!
e0081989_9223396.jpg


今回初参加のタミーさんも積極的にモリモリ食べます!! イイ人です!!
e0081989_9241452.jpg
本当はウサギさんも居るのですが・・・何故か隠れています。

もう一方のテーブルは・・・ 主役とお笑い隊長が揃えば・・・
e0081989_9253220.jpg
メッチャ盛り上がっています。
でも、何故かナカオさんが固まっている・・・!?
今日はメカニックのホッシーさん奥様も参加!! ナベは美味しかったでしょうか?

ひとしきり白菜とブタを終えたら、〆はラーメンです。
今回は掛川さんのオーダーで味噌ラーメンをチョイス!!
そして、何ででしょうか、ラーメンは立位で食べるという不文律でもありましたっけ??
e0081989_9291595.jpg
となりのテーブルでも、タミーさんまで・・・
e0081989_9294442.jpg
おっ! ウサギ氏ハケーーーン!!!! ミナギさん見切れちゃってスマソorz

そして、ナベ後は、ひとしきりダベリングの後、撤収ですが・・・
又しても、ここの仲間は手際が良過ぎる・・・
皆、撤収が始まると我先にという感じで、ナベ&皿荒いやら、テント撤収やら、
どんどんやっつけてくれます!!
ん~青年の家でボランティアをやっている頃より更に、皆の積極性は高い・・・orz

今回は季節的にもやや寒い頃合で、ナベにはピッタリでした!!
ドキドキ・ハラハラのレース観戦と、楽しい仲間とのナベ&トークを楽しませて頂きました。
ウサギさんはレンタカーを借りて、RYOさんは世田谷から車で、ナカオさんもお父上から車椅子車両を奪取しての参集!! 頭が下がります~!!
次回は、バイクで集まって走って、食べて、笑える会が催せる事を楽しみにしております!!
ありがとうございました!!
e0081989_9303659.jpg

[PR]
by natsuki1135 | 2007-10-28 09:37 | その他/無分類 | Comments(23)
実は先週の日曜日にトラ会のichiさんにニンジャのアッパーカウルの補修をしてもらいました!
以前にも、ニンジャのサイドカウルの補修をして頂いたのですが、
今回は、購入後半年ほどで割れたままになっていたアッパーカウル左側の固定部の割れ補修をして頂きました!!

日曜日の10時からわざわざ我家にお越し頂いての作業です。orz
駐車場に机などを出して、青空作業・・・
幸いこの日は天候も良く、暖かくて、ヨカッタです。
僕はすっかり日に焼けました!
e0081989_8265815.jpg
プラリペアを使って、補修して下さるichiさん。

今回の作業の内容は、
(1)カウルに生じた亀裂が広がらない様に、カウル裏側からプラリペアで亀裂を固着させる。
(2)分割してしまっているボルト固定部をアッパーカウルに合体させる。
(3)ボルト固定部周辺の割れて欠損してしまっている部分を造作・整形する。

ん~大変です。
これをプラリペア一つでやっつけられちゃうんですね~~~~!! スゴイです。
作業の手順は、
(1)亀裂の補修
①カウル裏側に亀裂に沿って、リューターを使って、プラリペアを盛る部分を作る(削る)。
②プラリペアを盛っていく。
ここまでなら、次回は自分でも出来そうな気がしてきた・・・

(2)パーツの合体
①やはり接合部(=プラリペアが着く部分)を今度はサンドペーパー等で削る。(プラリペアの乗りを良くする為の作業なんですよね)
②接合部にプラリペアを塗り、手で暫く押さえて接合させる。
 5分もしないうちに一応くっ付くようです。その後暫く放置プレーで固着化を待ちます。
③さらに強固に固着させる為に、全ての接合部や接合部の周りにプラリペアを盛っていきます。
④再度放置プレーして終了。
ん~、なんとかここまでなら出きるのか??

(3)欠損パーツの造作・整形
「欠損している=何も無い」のでカウルが途切れてしまっている訳です。
欠損している部分に他の部分と同様になるまでプラリペアを盛るというのが基本的作業です。
①途切れてしまっている両端にプラ板等でブリッジをかけます。今回は自宅廃材のペットボトルを切って使用。
②適切な大きさに切り出したペットボトル片をカウルにセロテープでしっかりと固定します。
③現存のカウル部分にかけたブリッジ方向へプラリペアを少しずつ盛り足して行きます。
④何も無かった部分にもプラ板のブリッジがかかっているので、プラリペアで両端がつながって行きます。
⑤つながったら、さらにプラリペアで肉盛りして、他の部分と同等になる様に整形していきます。
⑥プラリペアの盛りが終了したら、1~2日放置プレーで固着させます。
⑦造作部にサンドペーパー(#400⇒#800)を当てて、整形して完成。(画像なしでスマソ)
※⑦は自分でやりました。本当はさらにペーパーの当たった所をタッチアップ(色塗り)しなければならないかと思うのですが・・・ま~あまり目立たないので・・・それにカウルの端っこでカウルが固定されいないと作業し辛かったので・・・車体に装着してから、必要があればやろうかな~とか思っています。

こんな訳で、いや~本当にichiさんにおんぶにだっこ状態で、補修部分は完全に復元され、数年振りにカウルをきちんと固定する事ができそうです。
ichiさん 本当にありがとうございました!!!
この後は、ichiさんも前から気になっていた佐世保バーガーの店「アンクルサム」に行って、二人でがっつり美味しいハンバーガーを頂きました!!
[PR]
by natsuki1135 | 2007-10-28 08:57 | GPZ900R/ニンジャ | Comments(2)
ヤマザキ春のパン祭り」って聞いた事ありませんか!?
今年の春にそれのダブルチャンスってヤツで、東京ディズニーリゾートペアチケットが当たっちゃいました!! パチパチパチー!!
ってな訳で、季節がよろしくなってきたので、先週の金曜日に有給休暇を頂いて行ってきましたー!!

ですが実は私、元々テーマパークの類は苦手です。
理由1:特に乗っていても面白くない(バイク、スキー、カヌーの方が断然面白い!!)。
理由2:人混みが大嫌い(とてもストレスを感じます)。
理由3:費用対効果で高過ぎる。
理由4:妙に浮かれまくる大抵の人々に着いていけず(引いてしまい)余計に面白くない。
理由5:遊ばされている印象が強い・・・(考えすぎ?、自分で働きかけて遊ぶ方が良い)。
とは言え、今回はチケットが当たってしまい、子供も行きたがるので止むを得ません・・・
一応人の親なので、気持ちを切り替え楽しんでくる事にしました!

という事で今回は小さい子供達が主役なので、ディズニーランドの方へ行ってきました。

自宅を7:00に出発。
R16→保土ヶ谷BP→首都高速湾岸線で浦安で降ります。
R16と保土ヶ谷BPが通勤渋滞にて新保土ヶ谷I/Cまで60分程かかりました。
現地には9時過ぎに到着。営業時間は9時~22時との事で丁度良かったかな?
駐車場料金¥2000-/日を払って、駐車して、正面ゲートまでワクワク気分で歩きます。
正面ゲートでは20分程並び、ようやく入場!!
e0081989_2313011.jpg
正面ゲート入った所です。

入場後は計画通り、園内を左回りで進みます!!
スケジュールは以下の通り。
(1)ウエスタンランドにあるビッグサンダーマウンテンのファストパスをゲトしに行く。このファストパスってとっても便利でしたよ~!待たなくて済む。
(2)アドベンチャーランドに戻りジャングルクルーズに乗る。
(3)ウエスタンリバー鉄道に乗る。
(4)ウエスタンランドへ向かい、ファストパスを使用してビッグサンダーマウンテンに乗る。
(5)トムソーヤ島のいかだに乗り、トムソーヤ島へ渡る。
(6)トムソーヤ島散策
(7)クリッターカントリーへ移りグランマ・サラのキッチンで早めの昼食
(8)ファンダジーランドへ移動して僕以外はキャッスルカルーセルに乗る。
  僕だけ単独でスペースマウンテンのファストパスをゲトしに行く。
(9)合流後トゥーンタウンへ移動して、ガジェットのゴーコースターに乗る。
(10)次にロジャーラビットのカートゥーンスピンに乗る。
(11)トゥモローランドへ移動・小休止
(12)スターツアーズに乗る。
(13)スペースマウンテンの予定だったがファストパスの時刻には早かったので、乗り残していたカリブの海賊に先に乗る(=アドベンチャーランドへ移動)。
(14)帰り道でハローウィン・ハッピーホーンテッドパレードに出くわす(観覧)。
(15)トゥモローランドへ戻り、スペースマウンテンに乗る。
(16)この後は買物との事で、気になっていたウエスタンランドへ向かい、ウインドーショッピング(=見ただけ)。
(17)ワールドバザール前で軽めの夕食(僕は食べず)。
(18)ワールドバザールでお土産を購入。
その後、名残を惜しみながら駐車場へ行き、帰路に着く。

な訳で、とてもしんどかったので、あまり写真も撮っていません・・・
思い出した様に・・・撮った写真が以下の通りです。
e0081989_2315459.jpg
ジャングルクルーズ乗り場。
e0081989_2322025.jpg
こういう細かな雰囲気作りは好きです。
ディズニーランドもディズニーシーもユニバーサルスタジオもいわゆる乗り物系は全く楽しいと感じませんが、広い園内に日本とは思えない、現代とは思えない空間を創り出し、雰囲気を楽しませてくれるという点では、大変素晴らしいと感じています。
そういう意味で、アドベンチャーランドやウエスタンランド、クリッターカントリーやディズニーシーの造作物には敬意を表します。
同じ意味で、愛知県犬山市にある「リトルワールド」や「明治村」も大好きです。
「リトルワールド」の方が、よりその再現されている場の雰囲気作りや文化を掘り下げているので僕的にはあちらの方が評価が上です(ま~雑談ではございますが・・・)。
e0081989_2325314.jpg
ウエスタンレール鉄道から左手に蒸気船「マークトゥエイン号」を望む。
e0081989_2333064.jpg
この時13:30頃、既に足が棒状態、ギブUPで、仰向けに寝てしまいました。
ヘロヘロ~~~。
e0081989_234915.jpg
カリブの海賊の中ですが、暗くて・・・
カリブの海賊、今回初めて乗りましたが、ゴンドラ(船)に船員も乗らなくなり、ただただ船に揺られて機械仕掛けの人形を眺めるだけのアトラクションです。
期待ハズレでしたが、造作物は大変良く出来ていて、僕的にはこういう方が落ち着いて楽しめて好きです。
e0081989_234353.jpg
ハローウィンのパレード
e0081989_235536.jpg
その2
e0081989_2352145.jpg
ダンサー達
e0081989_2354257.jpg
ダンサーアップの図(ピンボケでスマソ)。
体もお顔もそこそこにキレイなオネエ様達が、一生懸命練習して素敵なダンスを披露してくれます。
きっと日女体(=日本女子体育大学)やら日体大(日本体育大学)やらのダンス系クラブの卒業生達が好きと実益を両立させられる数少ない場の一つなのかな~とか思いつつ眺めていました・・・
一生懸命、表現されていましたが、厚化粧と超ハイなテンションに、やはり個人的には引き気味・・・(圧倒されちゃうんですよね~・・・)、素敵でしたよ。はい。
e0081989_236414.jpg
スペースマウンテンです。
この少し前に「スターツアーズ」にも乗りました。
以前にもこの二つに乗り、具合が悪くなった記憶があります。目が回っちゃうんですよね・・・
今回はパスしたかったのですが、4歳の娘が「乗りたい」と言うので・・・
一緒に乗り、一応横Gやら縦Gに対して、姿勢確保・補正等をしてあげたり、隣に居て安心感を持たせてあげないと、ただの恐怖体験に終わったり、最悪事故等に至っては後悔しきれないので(考えすぎ??)・・・
乗りましたよ。
んで、結局スターツアーズできついボディを打ち込まれ、
ヘロヘロで若干のインターバルをとるも、スペースマウンテンでKOでした・・・
スペースマウンテン直後は目が回って、回って、しばしうずくまり・・・
娘は「楽しかった」との事で・・・何よりです。
息子はやや厳しかった様で、「次は乗らない」との事・・・それでよし。
コースター系って、ちっとも怖くは無い・・・バイクで峠攻める方が断然怖い事です。
けど、気持ち悪いが悪くなるから苦手・・・
船で釣りするのと同じ理由で苦手だな~・・・
三半規管が弱いんですね・・・
e0081989_236304.jpg
買い物をする頃にはすっかり暗く・・・。
小休止のあと、フラフラ状態のまま人混みの中をガマンして、あちこちのショップへ立ち寄り、職場へのお土産等を購入して、
グロッキー状態で、愛車キャラバンへたどり着きました・・・
やっぱ、愛車が一番!!
運転を始めるとやや気持ち悪さも軽快しましたが、
結局、翌日の夕方までフラフラ目が回っていました・・・
[PR]
by natsuki1135 | 2007-10-22 18:07 | Family | Comments(4)
いつもはバイクで走り抜けている宮が瀬湖ですが、
この週末は、家族でいろいろと遊んできました。

お勧めは「カヌー教室」と「グラススライダー」

まずはメインの財団法人宮ヶ瀬ダム周辺振興財団主催事業「カヌースクール」への参加です。
以前から家族が出来たらやってみたい遊びの一つにカヌーを考えていました。
ですが、カヌーを買うのも、保管するのもなかなか容易ではありません。
又、実際家族皆が楽しめるかどうかはやってみなければ判りませんので・・・
まずは体験から!
という事で、折に触れてカヌー体験のできる機会を気にしておりましたが、
今年の夏頃に厚木合同庁舎内で、案内を見つけたのが、上の財団主催のカヌースクールです。
なんと参加費が¥1000-/人ぽっきり!!(格安!!)
調べたところ、県内のカヌー教室はいろいろありますが、
2時間で¥3000-とか、
一日で¥10000-とかで、
4人だと軽く一万円オーバーになってしまいます・・・
まずはジャブだけなので、できるだけ安く、
ちょろっと体験ができる程度のものを望んでいる次第でございまして・・・
なので、今回のカヌースクールは我が家にはうってつけの条件でした。

10時からの回に予約したので、家を8時に出ますが、道が空いていて・・・
9時過ぎには到着・・・
e0081989_1985857.jpg
ビジターセンターのバスロータリーそばの駐車場に停めて、のんびり歩きます。結構寒いですね・・・(半そで短パンな私と娘・・・)

つり橋やら親水池のそばのカヌーロッジへ到着。
e0081989_1910659.jpg
今回僕らが体験したのは、カナディアンカヌー(いわゆるオープンデッキ状のもの)。
e0081989_19105415.jpg
画面中央に一艇だけ見えるカヤックと呼ばれるクローズドデッキタイプの物もあります。
が、カヤックは小4以上限定だったので・・・
今回はパス、カヤックの方が運動性のは高くて面白いかも!
僕と娘、妻と息子という2ペアで画面左手に3艇並んでいるカナディアンを2艇借りました!

ここでビックリ、なんとカヌーインストラクターの一人、大柄な人物は僕が昔一緒に野外活動をしていたキャンプネームゴジラ君でした!!!
久しぶり~~~~~~!!!(喜び~×100)

ゴジラ君にお世話になりながら、パドルの使い方やカヌーへの乗り込み方、転覆(沈と呼ぶ)した時の対処法などを簡単に習い、ライフジャケットを装着して、早速乗船!!
ゴジラ君が支えてくれたお陰で全く不安無く、家族4人それぞれ乗船完了でき、
思い思いにパドルを操作して、カヌーをクルクルが回しっちゃったりして・・・
しばし ヒヤヒヤドキッチョ! ウキウキウオンチュー!! です。

スクールでは、基本的なパドル操作法を4つほど教えてくれます。
(1)フォーワード・ストローク・・・ま~普通に漕ぐヤツね。基本中の基本、ストロークは「フォーワードに始まりフォーワードに終わる」って言う程基本でありながら奥が深いらしい・・・

(2)ラダー・ストローク・・・カナディアンはシングルブレードのパドル(水かきが片方にしか付いていないオールの事)なので、基本的には船の片側ばかりを漕ぐ訳ですが、
 片側ばかり漕いでいるのにまっすぐ進むのは何故か、それは前に乗っている人と逆側に漕ぎ合うからというのも正解ですが、
 一人乗りでもそれが可能なのは、このラダー(舵)・ストロークという技のお陰なのです。
 操法は文字通り1回ストロークする度にラダー(舵)を入れる訳です。
 つまり漕いだ後パドルの先っぽをすぐに水中から抜かず、入れたままにして、角度を調節して流れに対する抵抗を作る訳です。
 すると抵抗が出来ている方へ船は向きを変えようとするので漕いだ時の勢いと相殺されてまっすぐ進む事になる訳です。
 やっる~~~~!!

(3)スイープ・ストローク・・・転回用の技です。船からできるだけ遠い水面を半円を描くようにして漕ぐと船は漕いだ側漕いだ逆側の方へクルリと向きを変え始めます。

あとは、名前忘れちゃったけどパドルを水に突っ込みブレーキをかける業ね。ま~イメージ通り
関心のある方はこちら等をご参考に・・・
e0081989_1958440.jpg

さてそんなこんなで楽しく小一時間程水の上で遊ぶ事ができました!
気温も思ったほど寒くなく、丁度良かったかも・・・
どうやら我家ではカヌーは市民権を得たようです!!(ニヤリ)

この後は、僕的にはどうでも良かったのですが・・・
何せ宮が瀬湖畔は広くて・・・ま~つき合いであちこち回ります。
僕的には山にこだまするエキゾーストノートが気になるんですけど・・・
んな訳で、次に遊んだのが、こんなのあったんだ!?
という「グラススライダー」(¥300-/30分)
e0081989_195034.jpg
ん~結構急かも・・・スキーで滑るには良い斜度ダケド幅と距離が短すぎ・・・
e0081989_1950528.jpg
よーい! ドン!! 待ってよ~~~~。
e0081989_19514469.jpg
ビューーーーーーーーーン!!!!!! 結構速い・・・
見ている方が怖いのはバイクと同じか??
下まで下ったら、ひたすらソリを片手に階段を登ってくるしかゴザイマセン・・・
結構、肉体労働ヘビー級です(By FromA)
但し、この施設、一点注意が必要。
下に着いたら直ぐに退く事。
又は下に人が居る時は次グループを出発させない事!
下に着くや否や、次の人が突っ込んで着て最悪ムチウチになります!!
しかも小さい子は手前で、大きな子は慣性の法則に則り奥まで止まりません!!
ウチの娘は一度、バカな小僧に思いっきり突っ込まれ、ひっくり返っていました!!(怒)
当の本人はケロっとしていましたが・・・(っほ)

さらにこの後も歩いて歩いて・・・
今度はゴーカートや電気遊具のコーナーで・・・
まだ時間が早い為か、ガラガラ・・・・・
e0081989_201030.jpg
ゴーカートは¥900-/周/2人乗り・・・カヌーの方が割り安感ありますよね!?
ここでは子供がそれぞれ一つずつ遊んで、終了!!
この後は、城山へ抜けて「カインズホーム」で買い物等して帰宅となりました。
早くから動いたので、渋滞等にもはまらずまずまずな一日でした!!
e0081989_2062692.gif
又カヌー乗りたいな・・・
[PR]
by natsuki1135 | 2007-10-15 12:13 | Family | Comments(12)
ジャジャーーーン!!(昭和だな・・・)
e0081989_2339940.jpg

ついに、フロントブレーキローターが組み込まれました!!
結局、ブレンボは全然納品の様子無しにて諦め、
サンスターのレーシング5Tタイプ(R-511)パイ320になりました~!!
ブレーキレバー(ブレンボラジアルマスター19×16)を握った感触も、いい感じ~~~~!!(ロケット団風味で)
これで、フォーク&ブレーキは完成!!!
残すは、メーターのみ!!
[PR]
by natsuki1135 | 2007-10-11 23:39 | GPZ900R/ニンジャ | Comments(5)
ノリックが交通事故で亡くなりました。
率直に、悲しいです。残念です。
そして、自分自身にも不安を感じます。

報道によれば、
片側2車線の道路
500ccのスクーターで4tトラックの右後方(第2通行帯)を走行
第1通行帯を走っていた4tトラックが急にUターン
第2通行帯をふさぐ形となり、そこへノリックは突っ込まざるを得なくなる

一瞬の出来事
ノリックは何が出来たのだろう、何を思ったのだろう・・・
やるせなさ 悔しさ 悲しさ ・・・
全てが終わり、2度と元には戻らない

川崎市でノリックに起きた事が、自分に起きたって何の不思議も無い。
僕はノリックよりもバイクのライディングは下手なはず。
ノリックに避けられないものを僕が避けられるはずは無い。

何が違ったのか・・・
何を生かせば良いのか・・・
今考えられることは「4輪車とはできるだけ一緒に走らない」
ただそれだけ

公道で他のドライバーを信じて(あてにして)いたら生き残れない
常々自分でこう思って走っている。
でも、すり抜け、青信号直進、何にしたって、どこかで他のドライバーを信じているから走れる
そういうベースがある事も感じている。

答えはわからない。
とりあえず、4輪車とはできるだけ一緒に走らない。
自分で削れるリスクは削ろう
ただそれだけ
[PR]
by natsuki1135 | 2007-10-10 17:53 | その他/無分類 | Comments(5)