ブログトップ

寺子屋歳時記

natsuki908.exblog.jp

日々の生活、主にバイクライフについて綴ります。

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

200系ハイエースはカスタムパーツが物凄くたくさん出ています。
やろうとすればキリがありません。
自分はニンジャがメインですので、それほどハイエースには手が入れられません。
ですが、せっかく新型車への乗換えという事で、生まれて初めて4輪を好みの仕様にする事が出来る機会だったのである程度やっておきたい部分だけ、手を入れさせて頂きました。
たぶんこれ以上は何もしない(出来ない)と思います。

自分自身の記録の為に、そしてメカ音痴で自分ではほとんど触れないけど、ちょっと変えたいみたいな人の参考になれば幸いとの主旨で自分の変更点などを記録しておきます。

1、内装
(1)2ndシートロングスライドレールキット                    UIビークル
(2)リアカーゴシート (ブラックアッシュ縦目)   ¥6300-        ヤフオク 
(3)ルームミラーモニター(10.5インチ)                     液晶王国
(4)AV ヘッドユニット CN-HW880D                      Panasonic

2、足回り
(1)19インチホイール EJ-19(INSET-32) マットブラックポリッシュ    エセックス
(2)タイヤ 225/45/19 イーグルRV-S                    グッドイヤー
(3)ローダウン リア ダウンブロック 2.5インチ                エムテクノ
(4)ローダウン フロント 強化トーションバー 3インチ程度に調整     エムテクノ
(5)ストロークストッパー(F/Rバンブ、Fリバンプ)                ゲンブ
(6)ディメンション適正化 アジャスタブルスタビリンク(ショート)       ゲンブ
(7)ディメンション適正化 RCジョイント                      ゲンブ
(8)ディメンション適正化 バンプアジャストタイロッドエンド           ゲンブ
(9)ショック ネオチューン(SPL)                          サンコー

3、外装
(1)フロントスポイラー、リアスポイラー(下)                   BACK9
(2)サイドライナー、リアスポイラー(上)                      エセックス
(3)フロントグリル                                   エセックス
(4)左コーナーパネル                                BACK9
(5)クリスタルヘッドライト(インナーマットブラック)               DEPO
(6)LEDバレルテール(インナーブラック)                    M-BRO
(7)サイドバイザー                                  エセックス
(8)フォグランプカバー(マットブラック塗装)                   ??
(9)HID(6500K)コンビネーションキット(ヘッド&フォグ)           デルタ

作業はネオチューン以外全て八王子にあるハイエースカスタムを数多く手がけているTwoHot さんで施工頂きました。
お陰様で、見た目は概ね自分が望んでいた状態を実現する事ができました。
何せ初めてなので、イメージしてパーツをチョイスしても実際にイメージ通りに出来上がるかどうかとても不安だったのですが、
ショップの方のアドバイスや常連のお客さん、特にハイエースオーナーズクラブ「エボリューション200」の皆様のアドバイスを頂いたお陰様で、更にはマイミクさんからのアドバイス、そして一番あーだこーだアドバイスを下さった「やべっち」のお陰様でほぼイメージ通りのハイエースを実現する事が出来ました。
皆さん、本当にありがとうございました。

先日無事に(?)ニンジャも積載し、高速を使って千葉県いすみ市という所にあるサンコーさんの所へ行き、ネオチューンショックを施工して頂きました。
ネオチューンの開発者である喜多見さん直々に施工頂き、又いろいろな裏話や2輪系のお話も伺わせて頂きました。TOF常連の松田光市選手とも親交が深いそうです。
往路と復路では鈍感な自分でもはっきりと判るほどに乗り心地が変わりました!!
納車後1ヶ月も経過していない状態でも全然ショックの仕事に差が出ています。
千葉県内のワインディングではロールが断然減り、高速では継ぎ目のギャップで受ける衝撃も減り、衝撃の収束速度も早くなっているのが判りました。
再施工の見通しについて、2年? 2万キロ?等と伺ったところ、たぶん全然平気だけど、
自分で乗り心地が悪くなってきたなと感じたら来れば良いとの事でした。

車載状況はこんな感じになります。
後ろから、レーシングスタンドを見ると、あと5cm程度は下げられるかな??
e0081989_1249912.jpg
横から、2ndシートスライドレールは一番前にずらして有ります。
e0081989_12493744.jpg
UPして
e0081989_12502898.jpg
ご覧頂けるとおり、カーゴシートは純正の絨毯の上に被せてあるだけなので、整地されていません。
重量物を載せると、部分的にシワなどが発生しますが、気にしないで行こうと思います。
スライドレール部は適当にカッターやハサミで切り込みました。
壁際等へも挟み込む分の挟みシロが設けてあるサイズになっていますが、やや大き過ぎるので
そこら辺もテキトーに自分でカットして入れ込みました。

外装はフロントグリル内の塗装が未だですが、それ以外は完成。
たぶんこれ以上は何もしないと思います。
やったとしても、メッキパーツを黒or銀に塗装する程度カナ。
出来るだけ自分で塗れる範囲で済ませたい…。
e0081989_12551980.jpg
後ろからは(ちょっと近すぎでしたね)
e0081989_12555141.jpg
こんな感じです。
ローダウンの車に乗るのは初めてだったので、正直ダウン量は相当悩みました。
(1)乗り降りのし易さ
(2)見た目
(3)乗り心地
(4)安全性
(5)走行性能
ここら辺のファクターを考慮しての落とし所を試行錯誤した結果、僕が出した結論が以上の内容です

ローダウンによるゴツゴツ感は初めてローダウン車に乗った自分としてはそれほど強く感じません。
むしろ、ノーマルがフワンフワンしていて不満でしたので…、固くなって丁度良い感じ。
といって、心配になるほどゴツゴツもしませんので、車本体や車載物への不安感もありません。
一般道や高速道路での走行は全く問題ありませんね。
大抵のコンビニやガソリンスタンド等への出入りも問題ありません。
注意を要するのは、工事中で段差がある路面や、マンホール部だけ突出している様な路面、そしてやけに段差の大きな歩道を越えての駐車場等への進入ですかね…。
大抵の駐車場の輪留めにも当たりませんね。
3インチダウンで意見を伺った時には相当乗り難くなると聞いていたのですが、今のところ案外平気です(予想外)。

乗り降りはとてもし易くなりました(身長177cm)。

見た目は、個人的には満足しています。
欲を言えばタイヤの引っ張り感がもう少しあった方が尚良かった…。
次回履き替えの際には、もう少し幅の狭いタイヤをチョイスします。
扁平率45のタイヤを選んだので、フェンダーとの隙間や安全性も丁度良かったと思います。
ハイエースで19インチの場合、通常は扁平率40になる様です。
ですがそのセットで3インチダウンだとフェンダーとタイヤの隙間がやや大きくなり、カッチョ悪くなります。
その為、ダウンフェンダーみたいなものを貼り付けるという手法もありますが、費用もかかるし、正直あまり好みじゃ無かったし、何よりも扁平率45の方がタイヤのロードインデックスが上がる様で、安全性がUP! 更にタイヤ自体のもっちり感もUPして良かったと思います。
タイヤの厚みが厚過ぎるかな~という不安もあったのですが、それほど気にならないです(ここら辺は好みですね)。

追記です。2013/4/27
デルタのHIDコンビキットですが、装着後たびたびフォグがつかなくなります。
その度、ショップに相談すると無償で作業して下さり、一時的につくようになりますが
しばらくすると又つかなくなるというのがこれまでに3回発生。
現在3回目で、放置状態です。
先日ショップに相談したら、同様のトラブルがありメーカー側に相談されているそうですが
一向に対策を講じて下さらないとのことで、今はデルタのキットは勧めていないとの事でした。
今は信頼性重視でキャズ(Catz)とかいう商品を勧めているとのこと。
値段を聞いたら、ヘッドとフォグのコンビだと工賃こみ13万円程との事。
さすがに高過ぎると感じて、遠慮しておきました。
そんなわけで、現在HIDキットをWEBで物色中!!
[PR]
by natsuki1135 | 2010-06-26 07:00 | TRH200V HIACE | Comments(4)
かねてより検討中だったトランポの変更を決行致しました。
いろいろ考えるところもあり、相当悩み・迷いましたが決断しました。

きっかけはキャラバン(E24)の立て続いての不調発生でした。
メカが出来る人にとっては、何の事は無い部品の消耗による異変なんだと思うのですが、
メカに疎い自分にとっては、乗り出す度に異常が生じる事態に心が折れてしまいました。

具体的には(たぶん…)
発電系統のファンベルトの劣化、又はオルターネーターの不具合だけかな??
この為に昨年秋頃から、
バッテリー上がり⇒バッテリー交換⇒バッテリー弱化⇒バッテリー端子の強化⇒バッテリー弱化を繰り返し、始動時には暫く回転数を上げたままキープする等の対処をしてきました。
もちろん、H5年式で、もう丸16年も走っている車両な訳ですから、走行距離が少ない(55000km)とは言え、経年劣化が進んでいるのは当たり前です。

メカ音痴のクセに車検をユーザー車検などで行っていた事も一因でしょう。
又、家族旅行やらに出かける事も予想以上に少なく、あまりスーパーロングの必要性を感じていない事も決断の一要素でした。
そんな訳で(軟弱者ではありますが)

200系ハイエースの標準ボディ、ロングバン、2000ccガソリン をチョイス(一番安いんです)
現行キャラバンの見た目は気に入らないのと、意外にもハイエースのお値段が安かった事もあって…。
とは言え、予定外の大きな出費で暫く大変ですが、止むを得ず。。
既にニンジャが車載できる事も確認済み。
少し見栄えも自分好みに換えて、乗る予定です。
今度はちゃんと業者さんにお願いして定期的にメンテしていきます。

相談に乗って下さった皆様、いろいろなご意見をありがとうございました。

んでもって、5末に無事納車されました。
外観の写真は撮っていません。
6月中旬には変身を遂げるので、それからUPします。
今回は、まず一番大事なバイクの車載についてです。

ハイエースはタイダウンフックが純正で荷室に4箇所装備されています。
が、2ndシートから後方の完全荷室用フックなので、スポーツチョックを使用してニンジャを車載するにはフックの位置が後ろ過ぎて使えません。
って言うか、その前に、ニンジャを車載するには2200~2300mm必要ですが、スポーツチョックやレーシングスタンドを併用してニンジャを車載しようとすると、ハイエースの純正2ndシートがあると不可能です。
対処策は、2ndシートを折り畳んで車載するか、社外品のスライドレールを組むしかありません。
(スポーツチョック等を使用せずにハンドルを切って固定したり、ナナメに車載すれば2ndシートがそのままでも行けるようです)
話は戻りますが、そんな訳で2ndシートを折り畳んで車載するとなると、荷室のタイダウンフックは全然使えない位置になってしまいます。
その結果、前方に(2ndシートの脚部パイプに)何かしらクランプする等の工夫が必要となります。
自分の場合は、UIビークルさんのスライドレールを組む事にしたので、2ndシートをやや前方にズラした状態で2ndシートの脚部パイプに何かしらクランプしてフックを造設する事が必要という事になりました。
そこで、WEBやらホームセンターなどを調べた結果、以下のアイテムをチョイス!!
e0081989_12235733.jpg
いろいろ一式写っちゃっていますが、品物としては以下の3種類です。
(1)クランプ状になっているパーツ ステンレス製で740円位 ユニクロ製だともっと安い。
(2)アイボルト(頭が環っか状になっているボルト)250円位かな~ サイズは3/8ってヤツ
(3)ラバーシート(両面テープ付き)300円位(画像では既に貼ってありますが、結局剥がしました、つまり不要でした)
アイボルトの拡大画像
e0081989_1235127.jpg
本当はこのパーツも削り出し感のある物があればそれが良かったんですが…このサイズは鋳物しかありませんでした…。

(1)のパーツはクランプ状の部分とボルトで連結してあるアイボルトの受け部分の2つで1個のパーツで(下の画像の状態)、ホームセンターの水道関係の売り場にありました。
正式名称は不明ですが、「鋼管用吊りバンド」なるもののご様子…。
e0081989_12445727.jpg
僕が購入した物のメーカーは不明ですが、参考までに配管支持金具製造販売の株式会社アカギさんに多数種類がありました。
クランプ部の径が複数あり、商品のサイズ表示は覚えていないのですが、ハイエースのシートの脚部パイプの円周が80mmでしたので、ホームセンターの金属パイプ売り場で80mm径のパイプを買う振りして持って、水道用具売り場へ向かい、丁度良いサイズを選んで買いました。
サイズが少し緩めだったので、又シートのパイプに傷も着けたくなかったし、騒音防止にもなるかな~と思い貼り付けるラバーシートも購入しましたが…。

さて取り付け位置はこの辺です。
e0081989_12364575.jpg
荷室から見て左側
e0081989_12371523.jpg
荷室から見て右側
この脚の部分に噛ませます。
んで、早速ラバーを貼った物で装着すると…
ラバーが厚過ぎて留められません…(チーン!)
止む無く、次策を検討し、ラバーを剥がし、脚部パイプ側にビニールテープを巻く事にしました。
んでもって装着!!
e0081989_12394332.jpg
ど~でしょうー!?
いい感じ~~~~!!!(By ロケット団)
逆側も同様に装着して完成!!!
e0081989_1211779.jpg
左側
e0081989_12422045.jpg
右側
これで安心してニンジャを積めるぞ~~~~!!
でも、このキレーな絨毯の上にバイク乗せちゃうの、ちょっともったいないね~~~。
なんか敷こうかな~~~~。
[PR]
by natsuki1135 | 2010-06-02 13:11 | TRH200V HIACE | Comments(6)
さてさて、5/13だったけかな??
行ってきました!!
リベンジ大会です。
前回の「ブリヂストン ツクバ走行会」は生憎の雨天にて先導車付きで1本しか走れませんでしたが
今回は、晴天に恵まれましたよ~~~~!!

今回は、厚木のスタイリッシュカリスマバイクショップオーナーのやべっち(GPZ900R)
はんぞ~さん(GSX1400)、シュワンツさん(GSX1400)と一緒に現地へ向かいました。
はんぞ~さんと僕は自走でね!
別にUPしますが、実はキャラバンを手放しました(泣く)。なのでこの日は自走。。

※このBS走行会はWEB等には告知は出ません。
 BSと取引のあるプロショップへのみ通知が行き、そこのお客さんを対象に開催されています。

更に現地では、静岡組のパパとNORIKIさんと合流!
全6名での参加です!!
通常なら、パドック内や敷地内にテント張って陣取りますが、
サスガ、厚木のカリスマショップオーナー!!
やべっちさんの人脈??(笑)
ピットを1つ用意して頂きました~~~!!! テンション上がる~!!
e0081989_1227364.jpg
って画像の中でははんぞ~さんがオネムのご様子…(爆)
e0081989_12285942.jpg

ピット前にテントを張って、スペースを確保します!
e0081989_12265626.jpg
この日は天気良かったよー!!
気温も暑すぎず、むしろ寒いくらいで、僕的には丁度ヨカでしたね~~!!

走行会はいつもの様にGPライダーによる先導走行や併走&レクチャーなどがあり、
勉強にもなりつつ、ミ~ハ~な僕なんかはテンション上がります!!
この日は高橋裕紀選手、青木宜篤選手、酒井大作選手(ケガでレクチャーのみ)が参加。
特に青木選手は、サービス精神たっぷりで、毎周?? ホームストレートをウイリーで駆け抜けてくれましたよ!!
愛車? ゴールドの隼でのウイリーは迫力ありまっせ!!

自分の走行の方は、ようやく実現したツクバでのフリー走行でしたが、
やはり、なかなか難しいんですね!!
っていうか怖いです。
最終コーナー入り口が…
どれくらいの速度で入って行って良いのか、じぇんじぇん判らなくて…。
「おにぎりで攻めてね」とか青木選手に教わりましたが…
速度が足らずにおにぎりになれなかったりして…

それでも一流選手が本当に丁寧に教えて下さるので、たぶん何も教わらないで走るよりも全然良かったんだと思う。
第1コーナーの攻め方、S時の走り方、1ヘアの入り方、ダンロップコーナーの注意点、
2ヘアの注意点、ホームストレートの走り方などなど本当にいろいろ勉強になりました。
どれだけ生かせているかは不明ですが、転倒する事もなく楽しく走ることが出来ました。

ツクバ、本当に面白い!!
最終コーナーが怖いけど、今のところ面白い!!
今まで走ったコースの中では一番のお気に入りかな~?
ってそれほどあちこち走ってマセンガ。。
FSWの本コースとツクバで走れれば満足だな~~(今の所)

タイムは遅々でしたが、初めてだったのでヨシとします。
それよりも、思った様に体が使えなかった事の方がやや不満でしたね…。
コーナーでもストレートでもあまり身体の位置を変えられなかった気がする。
結果、コーナーではバイクがすごく寝ている状態のご様子…。
身体を入れて、バイクは寝かせ過ぎない様にして曲がれる様になるのが今の目標カナ…。
又、行って、練習したいですね。
カリスマショップオーナーよろしく!!

日々之精進。
[PR]
by natsuki1135 | 2010-06-02 12:26 | GPZ900R/ニンジャ | Comments(10)