ブログトップ

寺子屋歳時記

natsuki908.exblog.jp

日々の生活、主にバイクライフについて綴ります。

<   2013年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

さて、2月17日(日)の寒空に、行ってきましたー!
以前から嫁に要望を頂いていた、国宝4城巡りの第2弾、彦根城です。
昨年ニンジャ会の全国ミーティングで自分だけ、見るだけはみていた城ですが、
ま~道中のイメージは出来たので、日帰りで行ってきました!

自宅を4時出発狙いでしたが、結局5時出発。
東名横浜町田I/C⇒新東名⇒静岡SAで休憩⇒名神⇒養老SA⇒彦根I/Cの経路です。
ほぼ、ニンジャ会の時と同じ行程です・・。
んで、彦根城の二の丸駐車場に9:20頃到着です。
e0081989_1222468.jpg
駐車場ですが、城、又は城下という雰囲気がよく感じられます。
理由は後ほど…
e0081989_12231153.jpg

駐車場料金は良心価格で、¥400-/日です♪
帰り、12:00頃には待ち車が出ていましたよ…。
この駐車場以外にも、付近に2つ程駐車場があります。


二の丸駐車場(元々は馬屋です)の目の前で内堀を渡ると、天守閣や博物館へ行かれます。
e0081989_12254711.jpg
橋も当時のままなのかな??
彦根城周辺は、とてもキレイに整備されています。
e0081989_1226534.jpg

橋を渡って、程なく、博物館又は天守閣への入場料を支払うゲートがあります。
ここで、入場料又は入館料を支払います。
我々は、子連れで興味が無い事は明白であったので、天守閣のみにしました。
ゲートを抜けると、すぐに天守へ向かう、階段が現れます・・・
当たり前ですが、天守閣は高台にあるので、そこまでずっと登りです・・・。。
e0081989_2045040.jpg
上の写真の階段が見えなくなる辺りで、左へ曲がると下の写真の状況になります。
上に見えるのが、最初の門ですね。
正確には門ではなく「櫓(やぐら)」です。
e0081989_20451295.jpg


e0081989_20452714.jpg
階段を一旦登り切ると、目の前に最初の櫓が現れます「天秤櫓」と言うそうです。
でも、本当は、登り切って最初に目に入るのはこちら
e0081989_20454274.jpg
お土産屋さんです(爆)。
土産屋をみて思い出したのですが、
「彦根城=ひこにゃん」なんですって!?
そーいえば、聞いたことありますよ。  ひこにゃん。
娘はきっと、ここに来るまで知らなかった筈なのに、ひこにゃんグッズの購入をご希望です(爆死)
ま~、一旦スルーしておきました…
e0081989_20455983.jpg
天秤櫓を抜けると、天守閣かと思いきや…
まだ先がある様です…
e0081989_20461242.jpg
更に階段を上ると、次に現れたのが、「太鼓門櫓」というやぐらです。
上の写真の右側に見える建物ね。。
帰路にはこの2つの櫓も内覧が出来たので、見ておきましたが、
まずは天守閣を目指して、ガンガン登ります。
そしてついに到着~♪
ドーーーーーーーーーン!(By ドンちゃん)
e0081989_2046322.jpg
激近で撮ると、迫力!!
e0081989_8233868.jpg

e0081989_20464580.jpg
ヒキで撮ると、天守閣周辺もかなり広々しています。
土産物屋Ver.2もアッタリして…

んでもって、早速中に入りますよ~!
城内から外敵排除の為に弓矢やら鉄砲やらを打てるように、あちこち穴が開いています。
それを、「狭間」と書いて、ザマと呼ぶらしいっす。。
地元座間市と同じ響きに、複雑な感情…
e0081989_2047457.jpg
天守閣からの眺め~!
e0081989_20471690.jpg

e0081989_20472835.jpg
なかなかの眺望ですな!(ナンツッテ)

さて、天守閣をひとしきり見物出来たので、僕的には本日の目的の半分以上を達成した感がありましたが、
首謀者である、嫁は「お殿様はどこで生活してたんだろう!?」なんて
素朴な質問をしてきますヨ・・・。
僕は何でも知っている雑学王ではありませんからネ。。
そんな訳で、少し離れた所に、「西の丸三重櫓」なる建物がある事に気づき、そこを見に行きます。
こちらが「西ノ丸三重櫓」です。
e0081989_20474587.jpg
結果から言うと、倉庫兼琵琶湖方面の見張り台でした(爆死)
e0081989_8241337.jpg
天守閣から、西ノ丸までの間には、広い雑木林があり、花見とかしたらヨサゲ~~~♪な感じ。


雑木林から天守閣へ戻ると、何やら人だかりが・・・
10時前に到着して以降、閑散としていた天守閣付近だったのに
僕の大嫌いな、人ごみチックな匂いがしています・・・
見ると

e0081989_20481024.jpg
ひこにゃん!
大人気のひこにゃんは、イルカショーなんかと同じ様に、定時で日に3回程現れる様です。
現れて、何をするのか、しばし遠目で眺めていましたが、
どうやら、しゃべらないマスコット君の、最大限の見せ場は、ポージングの様です。
キレのあるポージングを決める度、周囲の人だかりはガヤガヤと写真を撮りまくっていました。
我が家では唯一俄かひこにゃんファンの娘でしたが、グッズは欲しがるくせに、実物が居ても
さして、食いつく様子も無く「早く土産屋さんに行こう~」とのご発言。。。ナゾ~~~~。
結局、最初の土産屋さんでひこにゃんグッズを購入して満足した様でした。

天守から下りて、今度は下屋敷「玄宮園」へ向かいます。
彦根城の案内ボラの様な方々に教えて頂いたのですが、
(1)天守閣は「戦」の時にだけ、城主は滞在する所で、平時は単なる見張り台の様子。
(2)平時、城主は天守閣そばにある「下屋敷」で生活している。
(3)天守閣周辺の櫓は倉庫であったり、見張り台だったりの役割をもつ。
(4)彦根城には内側から、内堀、中堀、外堀(埋立てられてます)という3つの堀がある。
(5)天守は内堀の内側。下屋敷や家老の住まいは中堀の内側、その他の武士の屋敷が外堀の内側、
   更に外堀の外には足軽などが住んでいた。
(6)「戦」になると、足軽に至るまで皆参集したご様子。
そんな感じでした。
e0081989_827595.jpg

下屋敷である「玄宮園」は枯山水様式の日本庭園が素晴らしい、お屋敷でした。
更に「楽々園」なるお屋敷もありましたが、修復中なんでしょうかね・・・一部しか確認出来なかったです。
たぶん、この「楽々園」に住んでいたんじゃないかな~とか思うんですが・・・
首謀者である嫁は、「楽々園」の中を拝めず大変残念がっていました・・・
(何に興味があるんだろう…???)

それからここで彦根城ワンポイントメモ。
彦根城は駐車場から建物がかつての面影を持っています
同じように、天守閣はもとよりその周辺の櫓、下屋敷、堀などに至るまで
大変保存状態が良いです。
これは、彦根城が築城されてから一度も外敵から責められた事がない事が理由です。
堅牢に造られた彦根城でしたが、完成した頃にはすでに世は平安な時期になっていたそーです。
そのため、造られた時のままほぼ全ての建造物が残っているそーです。
以上。


さて、城見物が終わり、気がつけば12:00近くになっており・・・
今更ながら、本日の出発時刻を計算します。
往路に5.5時間を要したので、復路は6時間を見込んで、
15:00には出発したいな~なんてな事を考えて、
本日の残りのメニューは、
①彦根城の城下町を再現したキャッスルロードを散策&近江牛ランチ
②モヤさまで紹介された、南郷水産センター訪問
です。
なので、ややマキが必要かななんて思ったりして、
そそくさと彦根城を後にして、すぐそばのキャッスルロードへ車で移動(爆)
e0081989_20482832.jpg
キャッスルロードは、彦根城の中堀にかかる「京橋」から南方向に続く道ですが、
写真の通り、かつての街並みを再現した外観に揃えられていて、
いかにも城下町に来ているような気にさせる面白い所です。
駄菓子屋さんも
e0081989_2048425.jpg
ペットショップも
e0081989_20485489.jpg
こんな感じ。

近江牛ステーキ重を頂いた後の腹ごなしに散策します
んで、美味しそうな甘味処を見つけたので、店内でデザートを頂きます。
e0081989_20491172.jpg

e0081989_20492911.jpg
つぶら餅がとっても美味しいお店でした。
僕は黒胡麻の風味がきいたお汁粉を頂きました。
関西では、焙じ茶が一般的で、嬉しいです。
静かな時間を過ごせました。


さて、彦根城でちょっとタイムスリップした感じを楽しませて頂いたあとは、
モヤさまツーです。
目的地は、一旦高速で移動して、琵琶湖の南端まで下った所にある、
こちら
南郷水産センターです。
e0081989_20494525.jpg
やはり、モヤさまで扱うだけあって、B級スポット感が溢れ出ています!
雑草の処理なんてするわけありません(笑)

でも、そんなことは我が家では気にしません。
それよりも、日曜日なのにガラガラの空き空き具合がたまりません!
そして、まずは番組で大江アナが水浸しになった大型の淡水魚の観賞池へ向かいます。
e0081989_20495846.jpg

e0081989_8275018.jpg

e0081989_8274394.jpg

e0081989_20502413.jpg

e0081989_20505277.jpg

コイの池もあります。
コイの方が喰いつき具合がハンパありません。
やはり、そうぎょ等の大型魚は俊敏性ではコイ等には劣るのでしょうね。
e0081989_20511292.jpg

e0081989_20512987.jpg

池の周りはテケトー感丸出しです。
地元の方々にとっては、ここは釣り堀の様です。
ルアー&フライ用の池、コイの池、フナの池等あり皆さん真剣に竿を振っていました。
e0081989_20514199.jpg

e0081989_2051548.jpg

南郷水産センターは、特段お勧めはしませんが、
大型魚をまじかに見られる点、モヤさま感を楽しめる点、
そして人混みを避けられる点ではお勧めです!

予定通り、15:00に現地を出発し、
復路は、新名神高速道➡伊勢湾岸線➡東名高速➡新東名高速➡東名高速で帰宅。
夕飯は新東名の静岡SAでテケとーに。
ここもガラガラでした。
心配していた東名の渋滞も無く、帰宅時刻は予定通りに21:00でした。
結論、2月はどこも空いている?
[PR]
by natsuki1135 | 2013-02-25 22:08 | Family | Comments(9)